日の基保育園(北区)

トップへ戻る

日の基保育園UPDATE

DATA

  • 学校名:日の基保育園
  • 住所:東京都北区桐ケ丘1丁目21−41
  • 施工日:2012年9月末
  • 施工規模:297㎡

東京都の助成を受け、2012年に長年の念願である園庭芝生化を実現。日頃から外遊びを多く採り入れ、のびのびと遊ぶことを重視しています。
子ども達が素足で出入りできるように、園舎と園庭間のコンクリート部分は人工芝を被せる工夫も行っています。
父兄&園児が自由参加できる「ターフクラブ」を発足、みんなで楽しく芝刈りに取り組んでいます。

園長先生の声

Q:園庭芝生化のきっかけを教えてください。
「水たまり」「砂ぼこり」の2つの問題に長年悩まされていたので、東京都の助成金を利用して2012年9月、芝生化を行いました。
Q:芝生化されて問題は解決しましたか?

以前までは雨が降ると園庭にまるで湖のようになり、園職員はホウキで水を懸命に掃き出さなければなりませんでした。芝生を入れた現在は水はけが格段に良くなり、水たまりが残らないので雨の日も降り止んで15分くらい経てば、すぐ園庭で遊べるようになりました。

また乾燥する時期は、土の園庭にはつきものの砂ぼこりに見舞われ、せっかくきれいに掃除をしても、園の廊下や室内がすぐザラザラになっていましたが、芝生化によって、園庭からの砂ぼこりもなくなり、清潔な廊下や保育室が保てるようになりました。芝生化で園庭を利用できる時間が格段に増えました。

Q:子どもたちの様子はいかがですか?
芝生を入れる前より、子供たちの運動量は確実に上がっています。園庭が芝生になってから、飛んだり跳ねたり、ゴロゴロ転がったりする機会が増えました。以前は園庭全体で 使っていた自転車や三輪車は、芝生 が痛むため、園入口の限定したスペースのみの使用になりましたが、園児たちはきちんとルールを守り、それぞれ遊んでいます。
Q:芝刈りなどの管理はどうされていますか?
有志の父兄や園児、職員による「ターフクラブ」を結成しました。毎週土曜日の午後1時間半程度、メンバーが集まって園内の芝生を皆でワイワイと一緒に芝刈りをしています。作業がひと段落ついたら、飲みものを片手におしゃべりを楽しむのが習慣です。毎週十数人は参加者が集まる人気イベントになっており、刈ったばかりの芝生の上で、空を仰いで談笑するのは格別なひとときです。

保育士さん

「子どもたちの楽しそうな姿が印象的。乳児さんにも安心して遊ばせられると思いました。」
「メンテナンスが大変?と思っていましたが、芝刈りが簡単で安心しました。」